News

ハッピーニューイヤー2020

Published on 01 January 2020

THE DUE PRICE

It was a wintry night in the month of Agrahayan
There was a heavy fall of dew
All the lotus flowers were destroyed
Save one that somehow survived
In the pond of Sudas, the florist.
He plucked it and went to the palace gate
Seeking to see the king.
A passer-by saw the flower
He was filled with joy and said,
'I want to buy this off-season lotus
What is its price?
It will be my offering to Lord Buddha
Who is now staying in the city'.
'I expect one grain of gold', said Sudas,
Which the man agreed to pay.
At that very moment king Prasenjit
Suddenly came out of his palace
He was on his way to see Lord Buddha
Carrying many offerings
And singing the Lord's praise.
He also offered to buy that flower
To present it to the Lord
And asked its price.
The florist told the king
'It has already been sold to this man
At a price of one grain of gold'.
'I shall pay ten grains', says the king.
The man says, 'I shall pay twenty'.
None was ready to give up,
They went on bidding
And the price went higher and higher.
The florist thought
His flower must fetch much much more
From the man for whom these two want it to buy.
So he told them I won't sell the flower
I have changed my mind.
He rushed to the grove
Which was filled with light
By Buddha's presence.
Seated in the posture of a lotus,
Smiling and calm,
The Lord was an embodiment of joy
Peace was raining from his look
And mercy from his face.
Sudas kept on gazing at the Lord
With his eyes wide open
And he was speechless.
Suddenly he fell himself down on the floor
And placed the flower on Buddha's feet.
The Lord smiled and asked him in a sweet voice,
'What is it that you want, my son?'
Choked with emotion Sudas said, 'My Lord,
Nothing more than a grain of dust of your feet'.

Transcreation of the poem Mulyaprapti from the collection Katha by Rabindranath Tagore.

Shared by Dzongsar Jamyang Khyentse, another victim of the phenomenon called “New Year”

 

正当な値段

アグラハヤナ月1のある寒い夜に

露がびっしりと降りて

蓮の花がすべて枯れてしまったが、

花屋を営むスダースの池で

一輪だけがなんとか生き延びた。

彼はそれを摘み、王様に面会しようと

宮殿の門に向かった。

花を目にした通りがかりの男が

喜びでいっぱいになり、

「この季節外れの蓮の花をぜひ買い取りたいのだが

いくらだい?

ちょうど今この町に滞在している

ブッダへの捧げ物にしよう」と話しかけた。

スダースは「一粒の金で売ってもいいだろう」と言い、

男もそれに同意した。

その瞬間、プラセンジット王が

突然宮殿から姿を現した。

数々の捧げ物をたずさえ

ブッダの素晴らしさを讃えながら

彼もまたブッダに会いに行くところであった。

すると、王様もブッダに捧げるために

花を買いたいと申し出、

値段を尋ねた。

花屋は王様に

「花は一粒の金と引き換えに

すでにこの男に売ってしまいました」と答えた。

「私は10粒支払おう」と王様は言った。

男のほうも「私は20粒支払う」と言った。

諦めるつもりのない二人は

競り合いを続け

値段はどんどん上がっていった。

花屋は

この二人が花を捧げようしている人物から

はるかに多くの見返りを得られるに違いないと考えた。

そのため彼は、気が変わったので

花は売らないことにしたと言った。

彼が林へと急ぐと、

そこはブッダの存在によって

光にあふれていた。

蓮華座で座り、

穏やかに笑みを浮かべるブッダは

喜びそのものであった。

その眼差しからは安らぎが降り注ぎ

顔は慈悲に満ちていた。

スダースは目を見開いて

ブッダをみつめた。

彼は言葉を失っていた。

不意に彼は地面にひれ伏し

ブッダの足もとに花を捧げた。

ブッダは微笑み、優しい声で

「おまえが欲しいものはなんだい?」と尋ねた。

スダースは感極まり、

「お釈迦様、私が欲しいのはあなたの足についている一粒の砂だけです」と答えた。

 

ラビンドラナート・タゴールによる詩集Katha収録『Mulyaprapti』の創作翻訳。

「新年」という現象のもう一人の犠牲者である、ゾンサル・ジャムヤン・ケンツェによりシェアされた。

 

1ヒンズー暦の第9月