News

リンポチェからの手紙、2018年4月15日

Published on 15 April 2018

Letter from Rinpoche, 15 April, 2018

Dear Friends,
I’m sorry for creating a situation that made people worry.
For many years I have had a little bit of a problem with the prostate, for which I have now had surgery and am recovering very well.
I so appreciate all your concern and am grateful for all your continuous good wishes. 
Due to the surgery, I have to postpone major teaching events just for the time being. So please don’t worry.
Meanwhile, pray to Sakyamuni Buddha, Guru Rinpoche, and Arya Tara for the longevity of the Buddhadharma. 
And if someone like me being alive can contribute to the continued existence of the Buddha’s teachings on this earth for even one day, then it’s worthwhile living that extra healthy day.

 

リンポチェからの手紙、2018年4月15日

親愛なる友人の皆さん、
皆さんにご心配をおかけする状況を作ってしまったことを申し訳なく思っています。
何年も前から前立腺に少々問題を抱えており、先日手術を受けましたが術後はとても良好です。
皆さんからのお気遣いを非常にありがたく思うとともに、絶えず寄せられる祝福の言葉に感謝しています。
手術を受けたばかりのため、大きな法話イベントに関しては延期せざるを得ませんが、それも当面の間に限ってのことですので、心配はしないでください。
その間、釈迦牟尼仏陀、グル・リンポチェ、そしてターラ尊に対し、仏法が長生きするよう祈ってください。
私のような者が生きていることで、仏陀の教えがこの世界に一日でも長く存在し続けることに貢献できるのだとしたら、その健やかなもう一日には、生きるだけの価値があります。